ツーショットダイヤルをテレクラの世界観で使ってみよう

ツーショットダイヤルをテレフォンセックス目的やキャバクラ感覚のお喋りだけの為に使っている人からの相談を受ける事がある。彼等は皆んな女性達との電話エッチに満足している。しかし、長年その様な目的だけで使っている事に少しだけ違和感を得ているのも事実らしい。

 

ご存知の通り、ツーショットダイヤルと言う番組はテレクラ店舗とかなり類似したサービスだ。テレクラを使う多くの人の目的は出会いだ。それは彼らも分かっているらしい。しかし、何故かツーショットダイヤルになると会話だけで満足して何時も終わってしまうらしいのだ。

 

私からしてみるとかなり彼等は勿体無い事をしている。つまり、出会えるチャンスがあるにも拘らず、何か先入観の様なもので通話だけで満足と思い込んでいるのである。

 

そこで、今回はその様なジレンマに陥っている人に対して私からツーショットダイヤルの先入観を変える様な話をしたい。

 

まず、何故あなたが電話した女の子と会話だけで満足しているのかについてである。これはツーショットダイヤルがテレクラと違い店舗に出向かないで利用するタイプのサービスだからである。出向くのと電話だから良く考えれば大きな違いなのだが。

 

スマホと言う端末は様は電話である。いくらインターネットが使えるからと言ってスマホを電話と認識していない人はいないだろう。

 

なので、これからはスマホでのツーショットダイヤルは店舗型のテレクラを利用するつもりで利用して欲しい。まあ、最初はなかなか上手く行かないと思うので、実際にテレクラに出向いて個室でツーショットダイヤルをプレイしてみて欲しい。確実に今までに味わった事の無い興奮に襲われるだろう。

 

そして、女の子に電話が繋がったらとにかくナンパを意識しよう。最初は断られるつもりでいきなり今日これから会える?と単刀直入に言ってみるのもツーショットダイヤルを雑談やテレフォンセックスだけとして使う利用方法を断ち切るキッカケになるかもしれない。

 

実際のナンパは徐々に慣れて行けば良い。とにかくあなたはツーショットダイヤルをナンパの場所だと自己啓発する事が大事なのだから。

 

これに慣れれば、徐々に慣れてスイッチング出来る様にもなるだろう。つまりキャバクラ感覚で使う時とテレクラとして使う事を自ら選択出来る様になる。

 

ここまで行けば貴方はツーショットダイヤルを利用する幅を大幅に広げる事に成功するであろう。